2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
あと2日!
2008年01月24日(木)
山場の今週も、終盤に差し掛かりました。
あと2日でどこまで頑張れるか…!!

テストは今回大きいの3つ+小さめの1つ+教職持込み可1つ。
ちなみに去年の後期は、11個でした☆ずいぶん減った♪(今手帳で確認してみた。)

非常にやばそうなのはひとつだけなので、やっと春休みが見えてきました。
しかしそのひとつはほんとにやばい。
過去問もらったけど一問も解けないってどういうこと?
私そんなに頭悪かったっけ...

実はもうひとつがっつり勉強しなくちゃいけないのもあるのですが
毎回の授業の小テストで50点分ゲットしているので、
本試はあと10点とれば単位は確実☆
でも自分の研究室の先生の講義だから…勉強しておかないとね...


今日は毎週木曜日に苦しめられた、調理学実験の最終回でした。
担当の実験について、全班のデータを集めて、集計。&発表。
私はプリン(卵)の凝固における食塩と牛乳の影響について

タンパク質分子間相互作用に伴うゲル形成は、pHと塩濃度の影響を強くうける。今回の実験ではAと比較して塩濃度(Na+、Ca2+)がB,Cに与える影響を考える。
B(食塩0.75g)とC(牛乳60ml)では、牛乳100gあたりのカルシウム量を110mgとして計算すると、卵液中のイオン濃度はCよりもBの方が高くなる。しかし、実際はイオン濃度が低いCがより硬いゲルを形成した。これは、Na+とCa2+のゲル形成への影響が異なる為であると考えられる。一般に卵白の主要タンパク質であるオボアルブミンの熱凝固に対し、Ca2+はNa+の4倍の効果を持つと言われ、卵豆腐や茶碗蒸しの調味料として食塩、カスタードプディングに用いる牛乳のCa2+は、ゲルの熱凝固に大きな役割を果たしている。BとCの比較により、ゲル形成に対してNa+よりCa2+の役割が大きいことを確かめることができた。



こんな感じの文章書きました。自分でも書いててよくわかりませんでした。
昨日一昨日、ひたすら苦しめられたので、もうプリンなんてみたくもありません。

今日からは天敵である、英語の論文に取り掛かろうと思います。
英語なんて読めないよー!
明日に終わらせたいのに、絶対無理だって友達に言われました。
なんとかなるさ。なんとかするし。
ま、締め切りは来週だから終わらないはずはないのだけど。
やっぱり人生余裕が大事だよね
追い詰められるのにはもう懲りました。


昨日も今日も駅のパン屋さんでパンを買ってしまった。おいしかった。
冬はただでさえ余分なものがつきやすいのに…

この先(少なくとも学生のうちは)絶対に太れないんです。
こないだ作ったスーツが割りとぴっちりなんでw
「スカート少しサイズあげますか?」って聞かれて
「ウエストは細くする予定だから大丈夫です!」と答えた自分。ザ・見栄っ張りw
テスト後に完成品を試着するため、テスト中に肥えることが許されない。
体型変えないのって難しいなぁ。
でもそのほうが絶対に経済的だから、頑張ろうと思う。


明日はひさびさの調理実習。
2年生のときかな?調理実習で、
30センチ以上ある鰹をひとり1匹さばくという地獄の企画がありました。
お魚学会みたいなとこの企画。
鰹と戦う女子大生を眺める先生方。
さばくのは、問題なかった。みんな果敢に戦った。
しかし問題は、残された鰹達をどうするかであった。

こんな楽しい思い出がデジャブしておりますw
今回は、「鰹ほど大きくはない」らしいので、安心して臨みます。
いずれにせよ、板前さんがきてお手本見せて、ひとり1匹さばくらしいけどねw
材料代も馬鹿にならないだろうに...
スポンサーサイト
【編集】 21:50 |  未分類  | CM(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。