2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
ひとだんらく
2007年10月25日(木)
木曜日が終わると、ほっとひといき。
明日は教職の調理実習もどきです。
附属高校でやるんだとさ。

今日は実験で、あんまおいしくないマヨネーズを作りました。
ひとりお休みで、3人班だったけど、スムーズにできてよかった。
来週はジャガイモと格闘するらしい。


望む未来を手に入れたいなぁ。


もうすぐ11月。
定演が近づくにつれて、色んなことがヒートアップしていく。
大学のお休みが多いのがせめてもの救い。
もう1ヵ月後には研究室決まってるんだよね。
第一希望、第二希望は決まっているので
第三希望に入れそうなとこを持ってこよう。3つ目までで決めたい。
でもね、やっぱ一番入りたいとこに行きたいよ。


週活やら大学院やら。


いろんなこと考えてて。
週活するなら食品系なのかなーって当然のように思っていたが、
そもそもどうして「食品系」がいいのか。
一度原点に立ち返る必要があるかもしれない。

食べることは別に好きじゃない。
何か節約しろといわれたら、まっさきに食費に手をつける。食べない。
特にグルメでもないし、料理上手でもない。
バランスのいい食事は大切だと思っても、自分でやろうとは思わない。

学科の友人達は、食に関して何かしら興味を持っている人が多い。

なんとなく流されて
「食品会社で研究開発がしたいー☆」
なんて言ってるけど、それってどうしてなんだろ。


昔は医者になりたかった。
アナウンサーになりたかったこともあった。
でも厳しい現実を見た(笑)。
その後は、資格があったほうがいいと思って、薬学部を志望した。
T大のオープンキャンパスみたいのに行ったのが、確か、高1の11月。
あまりにも現実と離れている世界に違和感を感じた。
高2から化学が大好きになって、家庭科が好きだったことも幸いし、
夏に今の大学のオープンキャンパスへ。
即決して進路を固め、今に至る。

薬学部と今の学部の違いはなんだったのか。
化学は好き。それは変わらない。私の根底にはこれがある。
今の学部の化学は、食品成分や調理による現象にもとづいたことで
それにすごく魅力を感じた。
ただ単に、高校生の私にとって親近感がわく分野だったからかもしれない。

大学に入って、正直違和感は感じた。
私は「化学」(科学でも可)がしたくてこの学科を選んだ。
でも、運悪くひとつ上の代から資格をとれるようになったせいで、
そのための勉強が沢山入っていた。
興味ないよ。そんなの。
管理栄養士になるくらいなら、そのために医学を勉強するなら、
医者を目指した方がよかった。
今は医療の現場において、
栄養士の立場も強くしようという動きがあるけれど、
直接的に関与するのはお医者さん。
これは栄養士がどんなに知識をつけようとかわることのない事実。
栄養指導という立場でアプローチすることは勿論可能だ。
…でもね、そんなことをやってるくらいなら、
私は手術・治療をできる、お医者さんになりたかった。

何を学びたくて大学にきたのか。
やっぱり今やってることは違うと思う。

だから、4年生と大学院くらいは、好きなことをやらせてほしい。
管理栄養士の勉強なんて、したくない。実習なんて、行きたくない。
きっと「行ってよかった」「資格をとってよかった」と
思える時がくるとしても、今の私には耐えられない。
早く国家試験を受けてしまいたい。

4年生に向けて思うこと。
模試の点数が悪いことに「興味がない勉強だから」を
いいわけにはしたくない。大学の授業のテストとは違う。
しょせん「受験勉強」でしょ?
「これだけの点数はとれるけど、興味がない」
と言っていたいです。


書いてるうちによくわかんなくなってきた。
考える時間が必要だ。

11月は土日が全部潰れる。がんばろう。

スポンサーサイト
【編集】 22:38 |  考え  | CM(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。